本文へスキップ

温度センサー<熱電対/測温抵抗体>,温度管理機器<温調器>,コンクリート及びグラウト充填センサー<MSセンサー>

TEL. 03-3207-8561

〒162-0851 東京都新宿区弁天町177

温度センサー及び関連製品一覧


熱電対

熱電対 THERMOCOUPLE

使いやすさが特長の温度センサーです。

熱電対(サーモカップル)は異種金属線の両端を接続し,その接点間に温度差

を与えると、ゼーベック効果によって熱起電力が発生します。

金属の組み合わせとしては以下のようなものがあります。

・熱電対組成と規格

JIS記号
(熱電対種類)
熱電対組成
+金属 −金属
 K  クロメル  アルメル
 T  銅  コンスタンタン
 J  鉄  コンスタンタン
 E  クロメル  コンスタンタン
 R  白金ロジウム(13%)  白金       

◎B、S、Nタイプや、JIS規格外の超高温用熱電対、超低温用熱電対などもありますが、一般的に使用されているのが上表の熱電対になります。


測温抵抗体

測温抵抗体 RESISTANCE BULB

白金測温抵抗体は、金属の電気抵抗が温度変化に対して変化する性質を利用し

たもので、抵抗値と温度の関係が直線的(リニア)に変化し再現性に優れてい

る白金(Pt)を抵抗素子に用いた温度センサーです。

高精度な測定が可能になります。

・白金測温抵抗体 Pt100Ω

 公称抵抗値:R100/R01.3851  (JIS C1604-97)

階 級 A級  B級
許容差(℃) ±(0.15+0.002・t)  ±(0.3+0.005・t)
規定電流(mA) 0.5,1.0,2.0  0.5,1.0,2.0
導線形式   3,4線式 2, 3,4線式
 温度範囲区分    L,M,H  L,M,H,S 
L(低温用) M(中温用) H(高温用) S(超高温用) 


MSセンサー

MSセンサー

コンクリートやグラウト充填確認用として、温度センサー(熱電対)を応用した

物質検知用のセンサーになります。

近年では、耐震性、耐久性を重要視する建造物が増えており、主にPC構造

(プレストレスト・コンクリート)の橋梁工事(国道、高速道路、新幹線等)

での需要が多くなってきております。

                                      


東亜電器株式会社

温度センサー

 

<熱電対>

・被覆熱電対

・極細被覆熱電対

・表面型(貼付型)熱電対

・シース型熱電対

・組立型(保護管式)熱電対

・モールド型(完全防水)熱電対

 

<測温抵抗体>

・シース型測温抵抗体

・組立型(保護管式)測温抵抗体

・モールド型(完全防水)測温抵抗体

 

温度センサー関連装置

・温度調節器

・温度追従装置

・MSセンサー測定器

 

土木・建築関連

・MSセンサー(グラウト・コンクリート充填検知)

 

 

本社
〒162-0851
東京都新宿区弁天町177
TEL 03-3207-8561
FAX 03-3232-3030

アクセス

函館工場
〒040-0061
北海道函館市海岸町16-17
TEL 0138-42-9331
FAX 0138-42-6191

アクセス